読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Awesome

世界一周や海外旅行、ガジェット、WEBサービス、ライフハック、読書など様々なTipが集まる個人メディア

HOME ABOUT

世界一周や海外旅行、読書、ガジェット、その他様々なおすすめ情報を提供するブログメディア「Awesome」

【移動】タイ・バンコク→ミャンマー・ヤンゴン間バスでの行き方

世界一周-タイ 世界一周-ミャンマー 世界一周 旅のハウツー
スポンサーリンク

f:id:junpeihazama:20150913233121j:plain

今までタイからミャンマーに行くには、空路で国境を超える方法しか手段がなく、貧乏なバックパッカーには敷居の高いミャンマーへの国境越えでした。

しかし!ミャンマーの経済開放政策により、2013年に、タイのメーソットとミャンマーのミャワディー間などの国境が開通してからは、(特に貧乏バックパッカーにとって)バスで越境する方法もメジャーな手段になりつつあります。なにより、島国の日本では不可能な「陸路で国境を越える」というローカルな体験が、ここタイ−ミャンマー間でも出来るようになったのです!

では、実際にどのように国境越えをするのか?まだまだネットの情報が豊富ではないので、タイのバンコクからミャンマーの首都ヤンゴンまでのバスでの行き方を、3ステップに分けて解説していきます。

国境越えのステップ①〜バンコク北バスターミナルからメーソットへ〜

まずはバンコクの北バスターミナル「モーチット」までタクシーで約15分かけて行きます。ドライバーがメーターを使えば、カオサン通りからバスターミナルまでは約120バーツほどです。f:id:junpeihazama:20150913233145j:plain

バスターミナルに着いたら、外の1階のチケット売り場で、国境近くのタイ側の街メーソットまでのバスチケットを428バーツほどで購入します。バスの出発時間は選べますが、大体夜行だと20時、21時、22時の便があります。

因みに国境は24時間空いているわけではなく、朝の6時30分から国境が開くので、夜行で早い便に乗ってしまうと、国境が開くまで国境近くの何もない場所で待たされる場合があります。ので、遅めの便をおすすめします。

f:id:junpeihazama:20150913233203j:plain

僕は22時20分発の便で、メーソットに朝の6時頃に到着しました。バンコクからメーソットまでのバスは2階があり、中は日本の夜行バスと変わらず、快適でした。水とパンが付いてきます。

国境越えのステップ②〜メーソットから国境を越えてミャワディへ

メーソットのバスターミナルに着いたら、ソンテウに乗り換えて、国境まで行きます。約50バーツです。乗換えと言ってもだいそれたことではなくて、バスに降りたところにソンテウが待っているのでそれに乗るだけです。因みにメーソットから国境までは約4キロほどで一直線なので暇だったら歩いて行くことも不可能ではないです。

国境に着いたら、出国申請を待っている人の列があるのでそれに並びます。外国人は地元の人とは別の列ですが、後で指示されるので最初は地元の人と一緒に並んでても支障はありません。出国審査を済ませたら、友好橋という橋を渡ります。

f:id:junpeihazama:20150913233224j:plain

7分位歩くとミャンマー側の国境の街ミャワディに着くので、同じく入国審査を終えたら国境越え完了です!

f:id:junpeihazama:20150913233245j:plain

*因みにミャンマーへ行く際にはビザを事前に取得しておく必要があるのでご注意を!

国境越えのステップ③〜ミャワディからヤンゴンへ

さて、国境を超えて一段落。。。そんなわけありません!この国境の町ミャワディーからヤンゴン行くにはもう一つバスに乗る必要があるのです。そしてこのバスがなんとも過酷、、、。

f:id:junpeihazama:20150913233315j:plain

まずは国境近くのATMで引き出す、又は近くのお店で両替をして、チケットを買うためのお金を用意します。お金を用意したら国境の裏にバスチケットを売っているお店があるので、そこでチケットを13000チャットで買います。気になるバスの乗車時間は約、、、15時間!w

そう、トータルで考えるとバンコクからヤンゴンは1日では行けないのです。笑

f:id:junpeihazama:20150913233329j:plain

バスは朝9時半にミャワディーを出発しました。バンコクからメーソット間のバスとは違い、かなりぼろいです。愕然とします。

そして、ヤンゴンへ行く途中の山越えの際に、案の定バスは止まりました。なにやら渋滞のようになっているらしく、1,2時間は山の上で止まっていました。炎天下の中、クーラーが止められ、地獄のような車内。僕はこの間にあつすぎて気分を悪くしてしまいました。渋滞の原因は、どうやらカーブが急カーブすぎてバス1台通るのに5分位かかりスムーズに進まず、詰まっていたようです。(ということはこれ、まさか毎回渋滞??)

その後もバスは何度か休憩をはさみ、なんと深夜3時半にヤンゴンのバスターミナルに無事到着しました。

結論:めっちゃ過酷。

まとめると、めっちゃ過酷です。

バスで行く場合、トータルで約3000円以上はかかります。しかも約2日、かなりしんどい旅を要求されることを考えたら、エアーアジアで1〜2時間で行った方が正解なのでは・・・?そんなことをヤンゴンに着いた瞬間に、ふと思ってしまいました。もっと道が整備されて快適に移動できることを期待します。

安いし、バスの方が楽しそう!なんてドMな人にはこのバスでの陸路国境越えはオススメです。僕はもう絶対しませんが。。。笑

以上、【移動】タイ・バンコク→ミャンマー・ヤンゴン間バスでの行き方でした!