読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Awesome

世界一周や海外旅行、ガジェット、WEBサービス、ライフハック、読書など様々なTipが集まる個人メディア

HOME ABOUT

世界一周や海外旅行、読書、ガジェット、その他様々なおすすめ情報を提供するブログメディア「Awesome」

経験者は語る。フィリピン英語留学前に絶対に気をつけるべき4つのこと

世界一周-セブ 世界一周-フィリピン 留学-フィリピン留学 世界一周 世界一周-世界一周準備 旅のハウツー 旅のハウツー-旅の準備
スポンサーリンク

f:id:junpeihazama:20150910095758j:plain

2014年9月21日から10月19日まで1ヶ月間フィリピン留学に行ってきました。おかげさまでたくさんの友達から「フィリピン留学どうだった?」「フィリピン留学興味あるんだけど詳しく聞かせて!」という相談をいただくようになりました。フィリピン留学の人気具合を肌で感じています。

今回はそんなフィリピン留学経験者の自分から、フィリピン留学にちょっと興味がある、安く英語を学びたい、既に留学することが決まっているという方向けに、今まで受けた相談内容を参考にして、留学前に注意した方がいいことを書いていきます。これから留学する人が絶対に失敗してほしくないのでここに自分なりの意見を書き記しておきます。

*変に留学を勧めるような記事ではありません。

留学は“留学前の勉強”で全て決まる!

f:id:junpeihazama:20150910134900j:plain

フィリピン留学の相談で、中でも一番多かった相談内容はこれでした。

「本当にフィリピン留学で英語が伸びるのだろうか?」

このようにフィリピン留学に興味ある人は、やはりその効果について、疑問があるかと思います。「ただただ安いだけじゃないのか?」...。結論を先に言うと、

どれくらい伸びるかは人それぞれ違うので英語が伸びる保証はありません。が、「留学前勉強したかどうか」で伸びる度合いに間違いなく大きく差が出ます。

例を出すと、僕は大学受験期にある程度英語を勉強していたので、かろうじて基礎単語や基本文法を覚えていました。だから、授業ではなるべく会話をしようと、アウトプットを心がけて勉強していました。一方で、友達のNちゃんは基本文法が頭に入っていない状態で留学に来たので、アウトプットが出来ません。先生から出される課題は基礎単語、基本文法の復習などがほとんどで、最初の頃は授業の中にほぼ会話がなかったといいます。結果は当然のように、僕とNちゃんで英語の伸びに大きく差が出ました。

以上の例でもわかると思いますが、フィリピン留学は、日本と全く環境が異なる英語の環境が整えられていますが、それはアウトプットに最適な環境なのです。インプットがなければ(単語や文法がわかっていなければ)アウトプット(スピーキング)は出来ません。英語はアウトプットが出来て初めて、会話が出来るようになります。

だから、まずは留学前に単語と文法をひと通り頭に入れておくこと。これが留学前にすべき一番重要なことです。伸びる伸びないは自分次第なのです。(過去の自分にも行ってやりたい。。。)

エージェントがオススメする学校が必ずしも最適の学校ではない?

f:id:junpeihazama:20150910135104p:plain

フィリピン留学で次に悩むのは学校選びだと思います。僕もかなり悩みました。今や、フィリピンには本当にたくさんの語学学校があります。

韓国人経営や日本人経営、ローカル経営など経営者によっても学校の雰囲気は変わりますし、立地、価格、施設、清潔さ、授業形態、先生の質、日本人比率、ご飯の美味しさなど、学校を比べる点は無数にあります。

なので、まずは自分が何を重視したいのかをエージェントに相談すること(エージェントに相談するのは無料ですし、エージェントは基本的に学校側からお金をもらうので余計にかかることはあまりありません)。

*僕の場合は授業の質と、韓国人経営の場合ご飯があまり美味しくないと聞いたので、日本人経営の学校がいいと伝えました。

f:id:junpeihazama:20150910135320j:plain

ただ、ここで注意したほうがいいのは、希望を言ってエージェントから提示された学校が必ずしもいい学校とは限らないということです。 なぜなら、エージェントは学校側からお金をもらうので、エージェントと契約している学校の間に強固な結び付きが時にできてしまい、エージェントはその学校を、その質を問わず、おすすめせざるを得ないのです。

ですから例え、エージェントが学校をおすすめしてきても、まずは自分でその学校の評判を調べてみること。これが何よりも大事なことです。

予算は現地でかかる費用もしっかり考慮しよう!

f:id:junpeihazama:20150910135351j:plain

その次に多い相談内容は予算です。

「いくら安いとはいえ、実際は1ヶ月でどれくらいかかるの?」

留学に興味ある人ならば誰しもが気になるこの予算。まず言いたいのは、予算を4つに区切って考えることです。予算と一口に言ってもたくさんの切り口があります。

1)エージェントを介して留学前に払う費用(授業料、食費、宿泊費など)
2)現地で学校に払う費用(ビザ、SSP、寮の光熱費、保証金など)
3)現地でかかる生活費、及び観光費用(生活日用品、交通費など)
4)その他 (航空券など)

まず、多くのエージェントや留学を進めている人が月〜万で留学できるという場合の「月 〜万」は主に1)のエージェントを介して留学前に払う費用だけを言っている場合が多い気がします(確かな情報ではありません)。

僕は1ヶ月の留学でしたが、実際は寮の保証金やビザ、SSPなどその他現地で3万以上のお金を学校に払いました。また、航空券や週末の観光費用などを合わせると、僕の場合は(学校が日本人経営だったこともあり)トータル1ヶ月20万以上はかかりました。なので、単に「安い」という理由だけでフィリピン留学を選ぶと、意外とお金がかることに失望することもあります。笑 また本当に安い学校に行ってもその授業内容だったり、施設のボロさにがっかりすることもあります。(安いのには安いなりの理由があるのです。)

予算選びではトータルでいくらくらいかかるのかも、エージェントに相談してみるのもいいかもしれませね。

最後に、留学を通して自分は何がしたいのかを考えよう!

以上、留学前のことや学校選びや予算について書きましたが、最後に一番大事にして欲しいのは、留学前に「自分は英語を学んで何がしたいのか」を考えることです。よく言う話ですが、英語はツールであり目的ではありません。

留学後英語を使って何がしたいのか、留学で学んだ英語をどう活用、向上させていくのか。

この目的を留学前に明確にしておくべきです。でないと、「ただ単に英語を学びたい!」だけでは、間違いなくモチベーションが続きません。いくらマンツーマンの授業が多くてたくさん英語とふれあえると言っても、誰だって人間なのでどうしてもだれてしまう時があります。その時に、

いかに英語を習得するために躍起になれるか。

その目標を常に明確にしておくことでモチベーションを保つことが出来るのです。
(僕の場合は旅中に英語を使って現地の人と問題なく会話ができるようになる&カウチサーフィンを使いこなせる&将来的にビジネスでも使えるような英語力の下地作り、でした。)

*聞いた話ですが、2ヶ月留学を続けるのではなく、1ヶ月留学→旅行→1ヶ月留学というように、英語が必要不可欠であることを認識できる期間を留学中に入れることでモチベーションを保つことが出来ると聞いたこともあります。あくまで一例です。

以上!経験者がぶっちゃける!フィリピン留学を決める前に絶対に気をつけた方がいい4つのことでした!もっと詳しく聞きたい方は僕のTwitterアカウント(@junpei_hazama)に気軽にリプライ下さい!

それではよい留学ライフを!!!