読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Awesome

世界一周や海外旅行、ガジェット、WEBサービス、ライフハック、読書など様々なTipが集まる個人メディア

HOME ABOUT

世界一周や海外旅行、読書、ガジェット、その他様々なおすすめ情報を提供するブログメディア「Awesome」

東南アジア52日間7カ国15都市周遊まとめ記事(費用・ルート・旅の写真など)

世界一周-シンガポール 世界一周-タイ 世界一周-フィリピン 世界一周-マレーシア 世界一周-ミャンマー 世界一周-ラオス 世界一周 世界一周-旅の記録 世界一周-東南アジア 海外-航空券
スポンサーリンク

f:id:junpeihazama:20150908011047j:plain

*この記事はASENAVI(アセナビ)さんに寄稿しています。

こんにちは!9月から世界のキャリアを発信する旅:CAREERPACKER PROJECTと題して世界を回っている、現在大学生の狭間純平(@junpei_hazama)です。

1ヶ月のフィリピン留学を終えた後、10月18日から12月9日までの52日間7カ国15都市の東南アジアの旅が終了したので、今回はそのルートと旅の費用、旅の写真を公開していきたいと思います。これから東南アジアを旅するという方は是非、特に予算などご参考にして頂ければと思います!

東南アジア周遊のルート

まずは旅のルートからです。始めに言っておくと、東南アジアは旅のルートがたくさんあり、あまり王道のルートがないので、自分が行きたい国に目星を付け、その他の国は現地で気になったら行くというスタンスでルート決めをすることをオススメします。

僕の旅のルートは、ざっくり言うとこんな感じで移動しました。

フィリピン(セブ留学)→フィリピン(マニラ・アンヘレス)→マレーシア(KL)→シンガポール→インドネシア(ジャカルタ・ジョグジャカルタ)→シンガポール→タイ(バンコク・アユタヤ・メーソット)→ミャンマー(ミャワディ・ヤンゴン)→タイ(バンコク・ノンカーイ)→ラオス(ヴィエンチャン・ルアンパバーン)→タイ(ノンカーイ・バンコク)

ルート的には今振り返ると、かなり失敗したルートとかなと思います。なぜならフィリピンは入国前に出国用のチケットを購入する必要があったり、インドネシア行きをその場で決めたり、その都度その都度ルートを調べながら旅をしたので、移動費用が高くなってしまったからです。やはり、ある程度自分の中でルートを定めておくことで、予想外の出費を抑えることが出来ます。

因みに今回の旅で、東南アジアの旅についてはかなりアドバイスできるレベルになったので、直近で東南アジア行きます!という方がいればぜひお気軽にご相談下さいませ!!

*カンボジア、ベトナムも去年行ったのでそこもアドバイスできます。

東南アジア周遊の総費用

ルートの次は、気になる52日間の旅の総費用についてです。 因みにフィリピン留学の参考記事はコチラ:

www.junpeihazama.com

まず、52日間の旅でかかった総費用を先に発表したいと思います!宿代、航空券、移動費、食費、観光費など全て含めたその金額は・・・

総額215,572円!!!

円安の影響や航空券が上手く安いのが取れなく、予想以上に高くかかってしまいました。それでは項目毎に細かく見ていきましょう!

移動費(航空券、長距離バスなど)

移動費(タクシー、トゥクトゥクなどの現地移動費を含まない)は全部で66,982円でした。細かい内訳は以下の表のとおりです。因みに航空券代が50882円、その他の長距離バス代金が16100円でした。

f:id:junpeihazama:20150909171959p:plain

食費・宿泊費・現地移動費・生活用品など

食費・宿泊費・現地移動費・生活用品などの総額は101,590円です。これを52日間で割ると、一日あたり1953円となります。当初は一日あたり1500円を目標にしていたのでこの金額は正直驚きです。。。

因みに宿泊はフィリピン、タイ、マレーシア、ミャンマー、ラオスでは1泊600円前後インドネシア、シンガポールでは1000前後のゲストハウスに泊まっていました。

食費は一日600〜1000円前後、残りの内訳が現地移動費、生活用品などです!

f:id:junpeihazama:20150909172033j:plain

観光費

大きな観光はインドネシア・ジョグジャカルタでのボルブドゥール遺跡、タイ・アユタヤ遺跡、ラオス・ルアンパバーンでの象使い&カヌーツアー、観光なのかはわかりませんがタイの日本人和僑会の異業種交流パーティーでした。総額は14,500円です。あんまり観光をしていないのでここは安くついています。

f:id:junpeihazama:20150909172107j:plain

ビザ

インドネシアでのアライバルビザ35ドル、ミャンマーの観光ビザ1200バーツ、を合わせると、約8,000円です。

その他

その他としては、マニラからクアラルンプールへの飛行機に登場する際にエアーアジアさんに取り上げられた三脚の代わりをインドネシアで1,000円で購入し、タイではbeatsのヘッドホンを3500円ほど(日本では2万円以上する)で購入しました。f:id:junpeihazama:20150909172137j:plain

以上をまとめると、52日間7カ国15都市の旅費用の内訳はこの画像の表のようになります!!

f:id:junpeihazama:20150909172201p:plain

最後に

いかがだったでしょうか?東南アジアは日本と違って、容易に陸路で国境を越えることができますし、生活費もかなり安く済むので、特に計画を立てなくても気ままに旅が出来る地域です。僕も今回の旅ではルートを何回も変更しました。

しかし、だからこそ、気をつけたいのは下調べを怠って予想外の出費が相次ぐことです。旅のルートを変更するとなると、それなりの追加コストがかかります。だからといって、事前に調べすぎるのもどうかとは思いますが、やはり旅をする上で最低限の知識は知っておくべきだと思います。

ということで、みなさんも是非自分の予算と相談して、その中で最大限の自分だけの旅を送って下さい!この記事が、より旅を楽しむための一つの材料となれば幸いです!

おまけ:東南アジアの旅の写真

東南アジアのまとめということで、旅先で撮った写真をおまけとして何点かアップしていきます!

フィリピンのスラム街の子供

f:id:junpeihazama:20150909172409j:plain マレーシアのチャイナタウン

f:id:junpeihazama:20150909172513j:plain

 シンガポールのオフィス街

f:id:junpeihazama:20150909172633j:plain

 インドネシアのボルブドゥール遺跡 

f:id:junpeihazama:20150909172959j:plain

タイのアユタヤ遺跡

f:id:junpeihazama:20150909173142j:plain

 ミャンマーのスエダゴン・バゴダにてお祈りをする仏教徒の女性

f:id:junpeihazama:20150909173250j:plain

ラオスのルアンパバーンの夕陽

f:id:junpeihazama:20150909173332j:plain