読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Awesome

世界一周や海外旅行、ガジェット、WEBサービス、ライフハック、読書など様々なTipが集まる個人メディア

HOME ABOUT

世界一周や海外旅行、読書、ガジェット、その他様々なおすすめ情報を提供するブログメディア「Awesome」

【ビジネス書】社会人におすすめの本を17冊挙げてみる

おすすめ 読書 読書-書評 ライフハック ライフハック-仕事
スポンサーリンク

社会人になると、様々なビジネス書を読んで仕事に生かすことが必須になってきます。

というわけで今回は社会人になったら、または社会人になるまでに読んでおきたい本を分野ごとに分けて15冊紹介します。

それぞれのオススメの本にAmazonと楽天へのリンクを貼っているので、ぜひ本を買うときの参考にしてください。

▶︎Amazonのビジネス書売れ筋ランキングはこちらから

 

◯読書・本に関する他の記事はこちら!

◼︎大学生が読むべきおすすめの本15選【読書】

◼︎【自己啓発本】人生に迷ったら読むべきおすすめの本10選[随時更新]

◼︎【必見】世界一周をした僕が厳選した、オススメの旅本8選 

「働き方」に関する本

ワーク・ルールズ 

Googleはいったいどんな仕組みで動いているのか?誰もが抱くこの疑問に、Googleの人事トップが答えます。21世紀の最強企業をかたちづくる、採用、育成、評価の仕組みをすべて惜しげもなく公開。

古いやり方で結果を出せと言われて困っているリーダー、古いやり方で評価されてやる気をそがれている若手、もっとクリエイティブに仕事をしたいと思っている人に知ってほしい、未来の働き方とは。いま働いているすべての人、これから働くすべての人に贈る、新しい働き方のバイブルとなる一冊。

従業員が6000人から6万人に増えていく過程で、Googleの人事システムを設計・進化させてきた責任者の著者が語る、未来の働き方に関する本。

世界各国で「最高の職場」として認められたGoogleの採用や育成、評価について知ることができます。新しい働き方のバイブルとまで言われたら一度は読んでみたいですね!

 

採用基準

 本書では、マッキンゼーの採用マネジャーを12年務め、延べ数千人の学生と面接してきた著者が、本当に優秀な人材の条件を説くとともに、日本社会にいまこそ必要な人材像を明らかにする。

元マッキンゼーの採用マネージャーがその経験から、これからの日本社会にどんな人材が求められるのか、そのためにどう行動すれば良いのかを解説している示唆に富んだ本です。社会人になる前に何度も読み返したい!

 

「経営」に関する本

HARD THINGS

強力ライバルからの反撃、会社売却、起業、急成長、資金ショート、無理な上場、出張中に妻が呼吸停止、バブル破裂、株価急落、最大顧客の倒産、売上9割を占める顧客の解約危機、3度のレイオフ、上場廃止の危機―。壮絶すぎる実体験を通して著者が得た教訓は、あらゆる困難(ハード・シングス)、に立ち向かう人に知恵と勇を与える。シリコンバレーのスター経営者に慕われる最強投資家からのアドバイス。

主に起業家向けに書かれた本。壮絶な経験談を持つ筆者から実践的な難問に立ち向かうために必要なメソッドがわかる。これから起業をする人、起業に京味がある人には必須のバイブル。

 

ビジョナリーカンパニー

時代を超え際立った存在であり続ける企業18社を選び出し、設立以来現在に至る歴史全体を徹底的に調査、ライバル企業と比較検討し、永続の源泉を「基本理念」にあると解き明かす。

企業を見る際につい「現在の状態」に目がいってしまいがちですが、この本は長期的なスパンで見た場合に本当に社会的に尊敬され、業績も長期間に渡ってよい企業の特徴を分析しています。よくあるベンチャー社長の自伝を読むよりも深い知見が得られるかもしれません。

 

「仕事効率化」に関する本

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。99%の無駄を捨て1%に集中する方法!

レビューでも「一見よくある能率的な仕事術の本のようだが、『あなたにとって本当に大切な事は何?』と本質的な問いを突きつけてくる、結構危険な本である。」とあるように、本質的なところまで掘り下げて考えることができる本。社会人になったら絶対読みたい。

 

ゼロ秒思考

A4の紙に1件1ページで書く。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な「考える力」を鍛えられる。深く考えることができるだけでなく、「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。

元マッキンゼーの筆者がそこで体得した仕事術を解説する本。A4メモ書きという誰でも今すぐ実践できる方法で、仕事を数倍早くこなすことができるようになる。

 

「営業」に関する本

1億稼ぐ 営業の強化書

入社1年で10億の契約を取り、未だに同社で伝説になる売り上げを記録、
ビリ新人や成績ビリの支店を次々と全社トップまでのし上げた。
その後経営の道を歩みながら、30年以上数字をあげ続ける著者が、現在も野村で採用されている、現場経験に基づいた営業および営業マン育成手法を徹底的に伝授する。

まだまだ営業の知識がないのでこういうトップセールスマンの手法なども一読しておきたい。お客様の心を掴む新規開拓から商談の事前準備、クロージングに至るまでが、非常に分かりやすく解説してあるという。

 

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する

これから社会に出て行くあなたに、
現役のサラリーマン・OLに、部下を持つマネジャーに。
すべての働き人に贈る、気付きと感動の物語
「この職業を通して誰を幸せにしたいのか?」
『このオーディオブックに出会えてよかった』
一人の青年のサクセスストーリーがあなたの心のスクリーンに映りこんだ時
きっとあなたは誰かを幸せにしたくなる
珠玉のサクセスストーリーがついにオーディオブックに
発売以来、未だに読者から高い支持を得ている「仕事の物語」本。

営業における大切なことがストーリ形式でサクサク読めるハウツー本。レビューではシンプルでわかりやすいということで新人研修で本書を読ませるところも多いのだとか。

 

「マネジメント」に関する本 

マネジメント

「変化」のときこそ、「基本」を確認しなければならない!ドラッカー経営学の集大成を一冊に凝縮。自らの指針とすべき役割・責任・行動を示し、新しい目的意識と使命感を与える書。

マネジメントについて体系だって書かれたドラッカーの原書。体系的にもう一度自分の仕事をきちっと捉えなおすために、そして、成果を挙げるためにぜひ読みたい。

 

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

部下のために3分の時間をとってください。それだけで、すべてが変わります。わが国のコーチング界をリードする第一人者による、誰にでも、今すぐできて、自然に続く、究極の人材マネジメント。3秒間ナレッジ付き!

まだ部下がいるような立場に立ったことはありませんが、こういう指南書を新米の段階から読んでおくことは自分のステップアップや上司との付き合い方、仕事のこなし方においても生きてくると思うので、社会人になる前にぜひ読みたい。

 

「マーケティング」に関する本

ドリルを売るには穴を売れ

お客さまはモノではなく価値を買っている。価値から発想して、4つの理論で戦略を組み立てる。これがMBAトップスクールのマーケティングだ!廃業寸前レストランの復活ストーリー。

マーケティングの本質を深く、そしてかなりわかりやすく小説風に語っている本。サクサク読めるらしいので暇な時間にぜひ読みたい。

 

沈黙のWEBマーケティング

解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、コンテンツマーケティングの極意など、Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。ストーリーを読み、解説記事を通じて理解を深めることで、Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。

数多のWebサイトを救ってきた伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。昨今のWEBマーケティングについてざっくり体型付けて学ぶならこれを読みましょう!

 

「企画」に関する本

ゼロトゥワン―君はゼロから何を生み出せるか

オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。
本書はそのペイパル・マフィアの雄、ピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。

PayPalの創業者で現在はベンチャーキャピタルである著者の、イノベーションに対する考えと啓発をまとめた本。0から1を生み出すために何が必要なのかについてどう考えればいいかなどがまとまっています。

ベンチャーやスタートアップに進む人のみならず大企業に行く人もぜひ読んでほしい一冊です。 

 

リーンスタートアップ

思い込みは捨てて、顧客から学ぼう!「構築‐計測‐学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるシリコンバレー発、注目のマネジメント手法を解説した至極の一冊。

アントレプレナーとして著名なエリックリースが書いた、新規事業創出のメソッドが詰まった本。小さく始め、仮説検証して製品をひたすらに改善していくシリコンバレー発のリーンスタートアップと呼ばれるフレームワークについて説明しています。

 

ビジネスモデルジェネレーション

戦略的思考を視覚化した画期的なフレームワーク「ビジネスモデルキャンバス」を使った斬新な発想法。9年の歳月をかけて製作、45カ国、470人による実例を掲載。新しいビジネスモデルを創造するための実践ガイド。

ビジネスモデルを9つの要素に分解することで、より深いレベルで顧客、販売チャネル、パートナー、収入の流れ、原価構造などが理解できます。新規事業や新製品企画の際にかならず使用したい最強のフレームワークここにあり! 

 

その他

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

父親が自分と同じ道を志そうとしている息子へ、男の言葉で語るビジネスの世界のルールと人間の機微。ここではビジネスマンがその生涯で遭遇すべきあらゆる局面が取り上げられ、その対応の姿勢が経験をもとに熟考されたウイットのある表現で語られている。若いビジネスマンのみならず、ミドルもトップも必読の、人生論のあるユニークなビジネス書としてミリオンセラーとなった本。

設定がユニーク。父親が息子に手紙で、社会で必要なことを伝えているのが特徴の本です。ビジネス書ですが、ある意味自己啓発本的な要素もあります。

 

ビジネスモデル全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

「ビジネス書大賞2014・大賞」「ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2013・ 第1位」を受賞した『経営戦略全史』の著者・三谷宏治の最新作。テーマは「ビジネスモデル革新の歴史」です。 14世紀イタリア・メディチ家、17世紀日本・三井越後屋にはじまり、2010年代のスタートアップまで、約70余りのビジネスモデルを、その背景とともに紹介。ビジネス史の先駆者たちの栄枯盛衰をストーリーで追いかけていきます。

いつか読みたいと思ってなかなか読めていない本。ビジネスの歴史を知ることも大事ですね。早く読みたい!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

読みたい本はありましたか?皆さんの中で他にもこの分野だったらこの本がオススメだよ!みたいなものがありましたらコメントなどて教えていただけると幸いです。

そんなわけで以上、社会人になったら読みたいビジネス書15冊でした!

▶︎Amazonのビジネス書売れ筋ランキングもどうぞ!

 

◯読書・本に関する他の記事はこちら!

◼︎大学生が読むべきおすすめの本15選【読書】

◼︎【自己啓発本】人生に迷ったら読むべきおすすめの本10選[随時更新]

◼︎【必見】世界一周をした僕が厳選した、オススメの旅本8選 

◼︎マッキンゼー式ロジカルシンキングを鍛えるための「A4メモ書き」はブログのネタにもなる! 

◼︎【20歳のときに知っておきたかったこと・書評】人生の失敗を全部まとめてみる「失敗のレジュメ」